Today is a very good day to ・・・


by ki-co3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

料理は愛情

b0032601_382820.jpg

唯一できる料理が、お好み焼きと言う彼。
どんな下準備をしたのか分からないのだけど
ほっぺが落ちる逸品を作ってくれた。
幼い頃母が「人に作ってもらうと美味しいわ~」と言っていたけど
本当だね。
 美味でございますぅ~
[PR]
# by ki-co3 | 2007-04-14 11:40 | 茶ノ間

桜の風に吹かれて

b0032601_15571.jpg

今年の花見でのひとコマ
彼女の母親に
「そっくりだ~」
と思って送ったら
「オッサンじゃん」
と返事がきた ふふっ

彼女を通して知ることのなかった友人の子供時代に逢えたようで
なんだか嬉しい春の日でした。
[PR]
# by ki-co3 | 2007-04-14 01:05 | season

ここ

b0032601_115972.jpg


みんながここに居た時のことを懐かしく思うのは
決まって暖かい春の日。
やわらかなミドリが眩しく自然に笑顔がこぼれるような時に
ちょっと切なくなりながら、いろんなことを思い出す。
こんな景色を一緒に見たことはなかったけど
この中の光の粒を共有していたあの頃は
明日か明後日か、漠然とした未来しか想像できなかった。
今思うと、額を寄せ合っていたような毎日が
自分自身と向き合うことを教えてくれた。
ここから始まって、ここでつながっている。
[PR]
# by ki-co3 | 2007-04-14 01:01 | トキノナガレ
友達が頑張ってるので是非以下のメール読んでみてください。そしてできれば周りの友達に送ってあげてください。よろしく。

一度きりしか会ったことのない友人から、久しぶりにきたメール↑
よくこんなことが続くんだけど、このメールが届いた前日「六ヶ所村ラプソディー」をこれまた久しぶりの友人からの電話で教えてもらい上映会に行ってきたところだった。
TVを付けると、地球温暖化問題がたまたま映るってことが続き、そしてこのメール。
動け、動けと言われている気がする。
六ヶ所村ラプソディー公式HPはここ↓
http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2

More
[PR]
# by ki-co3 | 2007-02-24 21:49

六ヶ所村ラプソディー

友人からの久しぶりの電話に胸が躍った!
「六ヶ所村って知ってる?」
能天気に NO と答えた。

快適な生活
豊かな生活

それがどんなものか?
自分の求めているものはなんなのか?
何がしたくて、何ができるのか?

映画の中にはおとぎ話ではなく、現実があった。
自分のことしか考えていない自分が恥ずかしかった。

想像してみる・・・
私の住む町に原子力発電所ができる
全国から、使用済み燃料が届く
チェルノブイリみたいになるかもしれない不安を抱えながら日々を過ごす・・・

地球温暖化、環境問題
終わりのない矛盾だらけの話。
でも、現実なんだよね。
電気のない世界には住めないでしょう?

以前、1ヶ月電気のない生活を送ったことがあるけど、とても快適だった。
日の出と共に起き、日が沈めば蝋燭を頼る。
薪で火をおこし、その火で料理を作る。
あ、川からの水はモーターでひいていたな。。
期限があり、お金を持たない日常ではない生活だったから
文明から離れた生活が心地よかったのだと思う。
駅から徒歩10分が遠く感じる今、電気が使えなくなってしまったら、恐怖を感じるだろう。

もともと節約が好きなので、コンセントはマメに抜くし、水も出しっぱなしにしない。
充電式の乾電池も使ってるし、水筒も持ち歩いてる。
こんなことで何か変わるの?って思ったりもするけど、何も知らず傍観者ではいたくない。
環境について、未来について真剣に考えたときこんなことじゃ全然足りないんだけどね。

わたしにでもできることがある、だから考えてみてほしい。
あなたにもできること。

http://www.rokkasho-rhapsody.com/
[PR]
# by ki-co3 | 2007-02-24 21:49 | eco

ヒトダスケ

金のあるやつは、金を出せ
知恵のあるやつは、知恵を出せ
体力のあるやつは、体力を出せ 

お互いないものを出し合って助け合う
それが人助け

そんなことを聞いた

私の出せるもの

お金は・・・
知恵は・・・ 
体力も・・・
・・・となると なにか?
[PR]
# by ki-co3 | 2007-02-10 09:57

強きこころ

「強きこころを持ちなさい」
私の師はそう言います。

今、家に女子高生が大学入試のために寝泊りしています。
私にとっては、初対面で他人の子。
姉のお世話になっている社長の娘さん。
ホテルの方が、気も使わず楽なはずなのに
「なぜ私のところへ??」

狭い部屋に布団を敷いて二人並んで就寝
いつもより早く起き、お茶とご飯の支度
休みの日も駅まで見送り
ちゃんと間に合ったかメールを送る

昨日まで知らなかった彼女に

私にはものすごいチャレンジ、彼女と私の共通点は・・女?
受験前のピリピリしたこの時期に何を話したらいいんだろう。
私がリラックスできる、音・香り・光は彼女を助けてくれるだろうか?
うちに来たことで受験に失敗したら・・

こんなこと普通はないよねぇ
親戚の子を世話するならありえる話。
それが初対面の子しかも、こころに大きな傷を負っている・・
何年も前に姉から聞いた、彼女のことで知っていることが一つだけあった。
一般には反抗期と呼ばれている。
誰でも一度は経験するような話、そんな風に捉えていた。
ちょっと触れたら、泣いてしまった、泣かせてしまった。
話を聞きながら一緒に泣いた。
受験前夜になにをしてるんだろう。
わたしって・・

彼女は私に教えてくれている。
言葉ではさらっと言えないようなこと。
まだまだ、受験は中盤一緒に頑張ろうと思う。
私はなにもできないけど、邪魔をしないように。
私のとこに来てくれたことに感謝をしよう。


「強きこころ」
私の師はこう言いました。
「柔軟なこころ」だと
[PR]
# by ki-co3 | 2007-02-09 18:14

2007

皆さま、明けましておめでとうございます!
昨日まで普通に仕事をしていたので、大晦日?新年?
そんな季節感のないぼや~とした年明けとなってしまいました。
仕事が終わって新幹線に乗って実家に帰省、3日の朝そのまま新幹線出勤ですが、愛する人達と過ごせるのは幸せなことだなぁと 自分のチョイスにありえないK-1を観ながら感じました。

2006年は、またまた閃きに任せた年でした。
そして、これまたたくさんの友人達に支えられ乗り切れた1年でした。
あたしの道しるべになってくれた、友人、知人、一人でも欠けていたらこの道にはつながらなかったし、
あなたに出会うこともできなかったと思います。
本当に感謝。
「ありがとう」
今年もどうぞ よろしくね!
[PR]
# by ki-co3 | 2007-01-01 01:22

アンコール

気づいたら紅葉シーズンになっている。
時の流れと自分のペースが合う日は来るのだろうか?
と いつも思う。
休みをもらってリフレッシュしてきました。
バックパックを背負っていた頃に行き損ねずーーーとひっかかっていた場所
念願叶って行ってきました!
[PR]
# by ki-co3 | 2006-10-27 21:20

新しい朝

b0032601_2046549.jpg

[PR]
# by ki-co3 | 2006-10-27 20:46